在職中の転職活動 営業マンの体験談とノウハウ

生命保険の営業職

生命保険の営業をしていたので、営業に出ている時間は一人なので自由がききました。その為、営業に出ている時間に転職活動をすることが出来ました。また、常にスーツを着ていた為会社の人に転職活動をしているということは気づかれませんでした。大変だったことは、営業に出た成果を上司に報告しないといけなかった為、転職活動をしていても成績は上げる必要がありました。また、面接先の企業との面接時間の設定が難しかったです。

 

転職の理由は、務めていた生命保険会社はノルマを達成できなければクビになる制度があったからです。また仮にノルマを達成出来てもお給料が下がるリスクもあり、将来的に不安を感じたからです。
転職活動の進め方は、ハローワークへの登録と転職支援の会社に登録に行きました。両方共アドバイザーが付いてくれていたため、定期的に企業紹介をしてもらいに訪問していました。履歴書や職務履歴書の書き方をレクチャーしてもらいました。転職支援の会社はメールにて企業を紹介してもらえ、気に入った企業があれば会社経由で応募してもらえました。
ハローワークは全て自分で書類を作成し、郵送又は面接で持参していました。
両方共のアドバイザーも親身になってくれていたので、転職活動が終わるまで、気落ちせず諦めずにモチベーションを保つ事が出来ました。最終的には、ハローワークで紹介してもらった企業に転職することが出来ました。

 

編集プロダクションの営業職

在職中での転職活動で大変だったことと言えば、辞める時期が見えてこなかったことですね。編集プロダクションの営業職に転職する以前は、WEB制作の会社にいたのですが、とにかく忙しくって忙しくって…。

 

ですから、求人の応募した会社からは、当たり前ですが「採用されたら、いつから働けるのですか?」という質問は必ずきますよね。しかし、その答えを明言できない自分がいたのです。

 

とは言え、そのような態度は転職試験の面接においては、心象が非常に悪いでしょうから、ちゃんと面接では明言しています。しかし実は目処は立っていなかったのですよね。

 

けれども、一般的に考えて「3ヶ月後」という目安がありますよね。ですから私もご多分にもれず「3ヶ月後」と答えていましたね。しかし内心はとても焦っていました。

 

内定をいただいたら、「行くぞ!」と思って、それまで勤めていた会社に辞表を出しましたね。言い辛くはありましたけれど、もうね内定がもらえた時点で勢いづいていましたので、行動に移せましたね。

 

それで仕事の方も強制的ではありますが、目処をつけて無事に退社する運びとなりました。そして無事に転職に成功することができたのですが、あの時に言えずじまいでしたら、今頃忙し過ぎて禿げ上がっていたことでしょうね。

 

ちなみに転職理由は、やっぱり忙し過ぎたことがまず第一に来るでしょうね。